顔汗の予防は自分に合うものを選ぼう!

顔汗によって化粧崩れをしたり、ハンカチが手放せなかったり、恥ずかしい思いをしたりと、かなり負担になる顔汗です。

 

特に顔汗は人の目に触れる、第一印象に残る場所ですから、不潔感を出したり、体調が悪いのか心配されたり、と誤解を受けてしまう場合も多いですよね。

 

そんな顔汗を予防するには、どのような方法があるのでしょうか?

 

 

あらゆる可能性を調べてみました。

 

 

〇ミョウバン水を作る

 

制汗作用のなるミョウバン水を上手く利用しましょう。

 

焼きミョウバン50gを1.5?の水で溶かして、二日程度置いておく。
それを20倍〜50倍に薄めて、スプレー式で顔に吹きかける方法。

 

 

〇半側発汗法を行う

 

舞子さんもやっているという、胸の乳首周り、乳輪あたりをヒモや帯で強く圧迫する方法。

 

 

〇首周りを冷やす

 

首周りには血液の通り道の静脈があります。

 

特に首のうしろは体感温度が下がるので、効果的です。

 

保冷材や濡れタオルなどでこまめに冷やす方法。

 

 

〇大豆製品を摂る

 

自律神経を整える作用がある「大豆イソフラボン」が多く含まれる豆腐や納豆などを、意識して摂る方法。

 

 

〇つぼを指圧する

 

人差し指と親指の付け根部分にあるごうこくを、ペン先や指でゆっくり押す。

 

一時的には効果がある方法。

 

 

〇体温調節をする

 

通気性の良い服を選ぶ方法。

 

 

〇リラックスする

 

自律神経により汗はコントロールされているので、自律神経の動きを一定にして、心身共にリラックスする。

 

リラックスする習慣をつけていくことで、だんだん汗をコントロールできるようにする方法。

 

 

〇アルミニウム配合の制汗剤を使う。

 

全身用や脇の下用の制汗剤の他に、今は顔汗用の制汗剤が出ています。

 

それらを工夫して使う方法。

 

 

顔汗は自律神経の乱れ、ホルモンバランス、遺伝、ストレス、また慢性の場合もあり、自分でコントロールするのが難しいものです。

 

 

上に挙げた自分に合う予防方法が見つかるといいですね。

 

 

顔用の制汗剤は簡単スピーディに使えるので、頼ってみてもいいのではないでしょうか?

関連ページ

顔汗の治療法ってあるの?
顔汗はいくつかの治療法があります。副作用が出る顔汗の治療法もあるので、気を付けて選びましょう。
顔汗の4つの原因とは?
顔汗の原因を大きく4つに分けてみました。顔汗の原因を知ることで、対応できることはあるのか?