顔汗の主な原因はこの4つ!

顔汗で恥ずかしい思いや、困った思いをした方も多いと思います。

 

 

家でならまだ対処のしようもありますが、外で顔汗がひどいと、自分ではどうしようもコントロール出来なくて、焦り、余計ひどくなってしまうパターンもあるでしょう。

 

 

そんな顔汗はなんで出てきてしまうのでしょう?

 

 

その原因について考えてみました。

 

 

@肥満であること。

 

肥満であると身体の中の熱を脂肪が邪魔して、上手く出すことが出来なくなってしまうのです。

 

 

A他の部位の汗腺が機能不足であること。

 

顔以外の汗腺がお休み状態になっている可能生があります。

 

 

B運動不足であること。

 

体は汗を出すことイコール熱を逃がしています。

 

体温調節するのが発汗の役目なので、運動不足で熱を出さないと、汗を分泌することが少なくなります。

 

そうすると冷えやすい下半身などの汗腺がお休みしてしまい、動きの多い顔に集中して汗が出てしまいます。

 

 

C更年期障害であること。

 

更年期障害の症状、ホットフラッシュ、冷え、のぼせなどで顔汗が出てしまう。

 

これは加齢によって発汗を抑える、ホルモン分泌の低下が原因です。

 

 

その他にもストレス、自律神経の変化、ホルモンバランス、気温の上昇に伴うもの、食生活の偏り、飲酒、緊張、内臓や交感神経の乱れなど、人によって原因は様々です。

 

 

多汗症という言葉を聞いたことはありますか?

 

顔汗がひどくなる人は顔面多汗症と言う立派な病気でもあるのです。

 

 

常の顔に汗をかいていたり、緊張時になると大量に汗が噴き出たりするのは、顔面多汗症である可能性が高いです。

 

 

この顔面多汗症のはっきりした原因はまだ解明されていないのですが、今分かっている時点では、交感神経が活動的になりすぎていることが挙げられます。

 

 

また、顔汗は他の部位の汗とは違い、ベタベタした汗なので、余計にイヤな思いをしている方も多いのではないですか?

 

 

汗をかくタイミングが少なくて、汗腺の機能が低下していると、再吸収が上手に出来なくなります。

 

そうすると、ミネラルが汗に混じって分泌されて、それがベタベタと蒸発しくい汗になってしまっているのです。

 

 

顔汗の原因を知ることで、自分にあった解決法を探すことが大事かもしれませんね。

関連ページ

顔汗の治療法ってあるの?
顔汗はいくつかの治療法があります。副作用が出る顔汗の治療法もあるので、気を付けて選びましょう。
顔汗の予防法は自分に合ったものを見つけよう!
顔汗にはいくつかの予防方法があります。自分に合った顔汗予防を見つけましょう。